これはNG!メガネの手入れで気をつけること

メガネレンズのお手入れ方法

視力が良くない人にとってメガネは、なくてはならない大切なアイテムです。汚れが付着することで視界が悪くなり日々の生活にも支障が出る可能性もあります。正しく手入れをすることで、清潔に保つだけでなくメガネの劣化も防ぐことができます。

メガネを拭く際は、まず水道水で細かい汚れを洗い流すようにしましょう。メガネには見えない埃等も付着しています。そのまま拭いてしまうと、レンズなどを傷つけてしまう可能性があります。
レンズを拭く際はレンズクリーナーを使用し、優しく拭き取るようにしましょう。力を入れすぎるとメガネを傷つけたり破損の原因になる可能性があります。また、クリーナーを使用することで頑固な汚れも落としやすくなります。
メガネフレームは、汚れが少ない部分から拭いていくと綺麗に仕上げることができます。まずは耳にかけるつるの部分を拭き、最後に皮脂などが溜まりやすい鼻パッドを拭くようにするとよいでしょう。

メガネ拭きのお手入れ方法

メガネのお手入れも大切ですが、使用するメガネ拭きも清潔に保つことも忘れてはいけません。

洗濯機で洗う場合は、きちんとネットにいれて洗濯するようにしましょう。毛羽立ちや他の衣類の繊維が付着するのを防いでくれます。中性洗剤を使用することで、素材を長持ちさせることができます。
手洗いをする場合は、ぬるま湯で軽く汚れをおとしてから、お湯で中性洗剤などを使用して優しく洗うようにしましょう。
洗い終わったら直接日光の当たらない場所に干すようにしましょう。

メガネ拭きのには種類がありますが、どれも繊細な素材でできています。そのため、劣化防止のためにも丁寧に扱うことが大切になります。

快適なメガネ生活を送るためにも、日頃から正しいお手入れを意識して行うようにしましょう。